TOP

スポンサーKataribe

オーディオの高い音質

オーディオにおける音質の善し悪しの判断は、とても難しいものだと思います。たとえば、低音がズンズン出るとか、ボーカルがきれいに聴こえるとか、高音がキラキラと伸びやかに聴こえる、このあたりまではいいオーディオではなくてもイコライザーをちょっと操作すればそんなふうに聞こえてしまうわけです。しかし、オーディオ機器にお金をかけていったときの音の良さは、次のように良くなっていくと私は思っています。
1. 一つ一つの音がはっきり聞こえるようになっていく
たとえば、オーケストラやジャズなどたくさんの楽器が同時になっていても一つ一つの楽器の音が分離よく聞こえるようになります。

2. 音の定位がはっきりする
目を閉じて音楽を聴くとまるで、そこで歌い、演奏しているかのように聞こえます。

ここまでは、安いオーディオ機器にありがちなボワーンとした感じがなくなり、ざっくり言えば音がはっきりするという事でしょうか。ここまではCDでもいけますが、これ以降はレコードの方が到達しやすくなると思われます。

3. アナログ楽器の音がリアルになる
電子楽器ではない、ピアノや弦楽器、トランペットなどが倍音成分まできちんと再現されるので、本当に生演奏を聴いているのではないかと錯覚するほど。ある程度の音量で再現する必要があります。

4. 演奏している場所の空気感まで伝わってくる
演奏している人が歩いたり、小声で話したり動いたりしたときの感じが、空気越しに伝わってきて、本当にそこにいるかのような錯覚を起こします。

生の演奏・生楽器の音源と聴き比べても遜色ない音質。デジタル全盛の今の時代、良いオーディオによる音質がいかに素晴らしいか、もっと知られていけばいいなと思います。

.

最終更新日:2016-01-06 20:23

コメント (0)